入局希望の方へ教授・医局長からのメッセージ

教 授

土井田 稔

(1)整形外科学について

整形外科学は、全身の運動器の疾患や外傷を扱っており、小児から高齢者までの幅広い年齢層の患者さんを対象として診断と治療にあたっています。近年の超高齢化社会においてますます重要となっており、いずれの病院においても最も必要とされる診療科の一つです。また、救急医療においても外傷患者の診断と治療において中心的役割を担っており、一般臨床医として必ず研修しておくべき臨床分野です。岩手医科大学整形外科専門研修プログラムでは、大学病院を含め岩手県全域の県立病院や日赤病院などの連携施設で研修します。最も特徴的な点は、いずれの研修病院においても手術件数が多いため、研修期間に数多くの症例の経験を積むことが可能な点です。1人でも多くの患者さんの健康寿命を延ばすために整形外科学を研修して頂きたいと思います。


(2)教室の特徴

岩手医科大学整形外科学講座は、2025年には開講90周年を迎えます。整形外科学の教室としては、私立大学ではありながら北海道大学、東北大学や大阪大学などの旧帝国大学に先駆けて開講した全国でも有数の伝統を持つ教室です。一方、この伝統に縛られることなく、教室のスタッフの先生方は、ほぼ全員が海外留学や国内留学を経験し、岩手医科大学に最新の技術や知識を取り入れて診療に活かしています。日本国内でも医師数不足が顕著な岩手県ですが、整形外科は大学だけではなく、県内の連携・関連病院のスタッフが質・数ともに充足しているために、希望に応じて海外留学を経験することが可能な岩手医科大学の中では数少ない診療科の一つです。岩手県内だけでなく、全国区での活躍を希望する先生は、岩手医科大学整形外科学講座の一員になって下さい。整形外科なら若い時の夢は必ず叶えられます。

医局長

佐藤 光太朗

岩手医大整形外科学講座は開講昭和10年と、東北・北海道地方の中では最も歴史がある教室です。平成26年、土井田稔教授が就任されてから医局スタッフも一新され、若く活気のある医局員で構成されていますが、岩手県の医療ニーズに応えるにはまだスタッフ数は充分とは言えません。入局者は卒業後すぐに入局して大学院入学する医局員だけでなく、初期・後期研修先の病院で整形外科に興味を持ち、研修を終了してから入局する医局員も多くおり、他大学出身の医局員も多数在籍し活躍しています。また希望する若い医局員には国内・国外留学へのサポートも行っています。昨年度は山部先生が米国 emory大学に留学しました。今年度は山部先生が帰国し千葉先生が留学しています。

医局では各種学会活動への参加の他、サッカーJ2リーグ「いわてグルージャ盛岡」、ジャパンラグビーリーグワン「釜石シーウエイブス」などプロスポーツチームの帯同チームドクター活動、高校野球大会の医療サポート、県内各種スポーツ大会のサポートドクターなども行っています。スポーツやリクリエーション活動も盛んで、北上川川下りや野球・マラソン・バレーボール大会への参加、スキー・スノーボードツアーやゴルフコンペ、季節のバーベキュー大会も企画しています。

学生・研修医・大学院生に対しても希望者や発表演者には各種学会参加へのサポートも行われており、入局説明会も常時行っていますのでお気軽にご相談下さい。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」。チャンスとニーズに溢れた岩手医大整形外科で自分の能力を存分に活かしてみませんか?皆様の入局を心からお待ちしています。

猪狩奨学基金

当教室には、教室の国際化に貢献した同門会員の優れた研究論文に対して、奨学金を授与する奨学基金制度があります。奨学基金役員会で、前年度に掲載された英語論文を審査し、受賞者を決定し、奨学金を授与しています。

整形外科専門研修プログラム

当科では、関連病院も37施設と多く、各種専門医資格(整形外科、リハビリテーション、リウマチ、脊椎脊髄、手外科等)取得が可能です。

当教室は、研修病院の豊富な症例数と優れた指導医の配置を背景に、独自の後期研修プログラムを構築・運用してきました。その経験と実績により洗練された専門研修内容を提供します。整形外科学は、運動器の機能と形態の維持・再建をめざす臨床医学であり、脊椎、上肢、下肢などの広範な診療領域を扱います。高齢化型社会をむかえた我が国においては、整形外科への期待はますます大きくなっています。現在、当教室には、脊椎、肩関節外科、手外科・マイクロサージャリー、股関節・小児整形外科、膝関節・スポーツ医学、足の外科、リウマチ、骨軟部腫瘍などの診療・研究グループがあります。連携施設は、スポーツ医学、手外科、脊椎外科、関節外科、救急医療、リハビリテーションなどそれぞれに特色をもった25におよぶ大学、施設、病院があり、機能的なローテーションにより、プライマリケアから最先端の臨床・研究までを学ぶことができます。詳細は岩手医科大学大学整形外科専門研修プログラムをご覧ください。

整形外科専門医プログラムについて

公益社団法人日本整形外科学会
〒113-8418 東京都文京区本郷2-40-8
Tel:(03) 3816-3671 Fax:(03) 3818-2337 Email:メールアドレスの読み込み中…
https://www.joa.or.jp/edu/public_offer/2023/detail_230070.html

専攻医からのメッセージ

専門研修医

林 謙

皆さんは整形外科にどのようなイメージをお持ちでしょうか。研修医の先生方は救急外来で接するような運動器の急性疼痛や骨折がなじみ深いかもしれません。整形外科は外傷や急性疼痛から、慢性的な腰痛や肩が挙がらない、手がしびれる、“できもの”ができた、歩けなくなってきたといった非常に身近な症状を治療する分野であると同時に、専門性をもって健康寿命と向き合う治療科です。元気な方々と寄り添うことが多い分野ですが、それはその方々の生涯に関わることにもなり、重篤なものであれば他の内科分野と何ら変わりなく命と向き合うことができる学問でもあります。
岩手医大整形外科では、脊椎班、関節班、股関節・リウマチ班、手外科班、腫瘍班に分担し各々専門性の高い診断と治療を行っており一つ一つの分野で丁寧に学ぶことができます。一般的な骨折治療は県内外の連携病院で研修を積むことができ、救急科外傷班と連携し重傷外傷や全身管理を学ぶことができる環境も構築されています。国内外への留学制度、月に数回の英会話レッスンなどもあり、臨床医として質の高い一歩を踏み出すことができます。
また、整形外科ならでは取り組みとして、サッカーのグルージャ盛岡やラグビーの釜石シーウエイブスのチームに帯同し、各地で行われる試合にチームドクターとして参加したり、高校野球のスタジアムドクターを行ったりするため、時にはトッププロレベルのスポーツ選手を間近に職務に励む貴重な経験ができます。
岩手医大で後期研修を行うメリットとしては、岩手県内の大多数の病院が岩手医大の関連病院のため、県内の多くの病院を後期研修病院として選ぶことができます。また、専攻医の後期研修を行いながら社会人大学院に入ることも可能ですので、学術的な研究や、市中病院ではあまり経験できない先進的な治療を大学病院で学ぶこともできます。
一口に整形外科といっても、急性疾患の治療も慢性疾患の治療も、高齢者も小児も、スポーツドクターも癌も、直接的に臨床に携わらない研究も様々な選択肢があります。それら全てが欠かすことのできない重要な分野であり、それぞれに言葉にできないほどのやりがいがあります。皆さんが興味のある分野に整形外科は門戸を開いております。皆さんの岩手医大整形外科への入局を心待ちにしています。

お問合せ先

入局・見学希望に関するお問合せ

医局長 佐藤 光太朗

メールアドレスの読み込み中…

専門医に関するお問合せ

担当 遠藤 寛興

メールアドレスの読み込み中…