水野 康一郎

岩手医科大学医学部
整形外科学講座 大学院3年

略 歴

  • 平成18年 私立白陵高校卒業
  • 平成28年 岩手医科大学卒業
  • 平成29年 岩手医科大学大学院入学

大学院生の水野康一郎と申します。
岩手医科大学を卒業後、岩手県立久慈病院で初期研修を修了し、宮古病院・八戸赤十字病院で各年の研修後に大学に戻ってきました。2年間市中病院を経験することで多くの経験をさせていただき、それらを背景に今は臨床と研究を並行しています。
大学院では、いずれかのグループでご指導いただき研究を行います。研究者としての思考がまだまだ未熟であり、できないことだらけですが、熱意ある先生方のご指導で日々成長していることを実感しています。
整形外科の魅力は、運動器について全身を診る科であることです。老若男女元気に生活するためには運動器の健康が必要不可欠です。ありとあらゆる方が元気で健康に過ごすためにお手伝いできる科こそが整形外科であると思います。そんなやりがいあふれる整形外科医に皆さんもなりませんか?一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

大矢 康貴

岩手医科大学医学部
整形外科学講座 大学院3年

略 歴

  • 平成22年 岩手県立盛岡第一高校卒業
  • 平成29年 岩手医科大学医学部卒業
  • 平成29年 岩手医科大学大学院入学

大学院生の大矢康貴と申します。
私が岩手医大整形外科への入局を決めたのは、研修医2年目に初めて整形外科をローテートさせていただいた時のことでした。上司たちの熱心なご指導を受け、整形外科の面白さにはまり、残りの自由選択期間全てを整形外科の研修に費やしました。扱う疾患が全身の筋骨格系・軟部組織・神経と多彩で、手術を含めた治療の専門性が高く、社会・競技復帰にリハビリまで一環して関わることのできることにやりがいを感じ、一生専門にしたいと思える分野に必ず出会えると考えました。
現在大学院では、診療と並行しながら、膝関節の靭帯について解剖・画像解析を用いた研究をさせていただいています。難しいことばかりで悪戦苦闘の毎日ですが、アカデミックに親身に指導してくださる先生・先輩方のおかげで、充実した日々を送っています。週末はプロスポーツや高校競技の大会へ派遣させていただいたり、国内・海外の勉強会に参加させていただいたり、貴重な体験も沢山味わえます。また大学院生は様々な関連病院に出張に行かせていただくことも多いですが、どの病院も雰囲気がよく働きやすい環境で、岩手医大整形外科に入って良かったと感じています。
医学生や研修医の皆さんは、今後の進路について迷うことが多いかと思いますが、是非一度見学に来ていただき、実際に医局の雰囲気を見ていただければと思います。岩手を盛り上げてくれる後輩が沢山できることを願っています。

及川 亮

岩手医科大学医学部
整形外科学講座 大学院3年

略 歴

  • 平成23年 岩手県立盛岡第一高等学校卒業
  • 平成30年 岩手医科大学医学部卒業
  • 平成30年 岩手医科大学大学院入学

岩手医科大学整形外科大学院3年の及川 亮と申します。
私は、大学卒業とともに岩手医大整形外科に入局、大学院へ入学しました。現在は、医師3年目の整形外科医として大学病院等での日常の診療を行うとともに、大学院3年生として整形外科に関する研究を行っております。
私が整形外科医を志したのは、小・中・高・大、そして現在の社会人野球と、20年以上野球を続ける中で、スポーツ傷害に苦しむ人々の姿を見て、医療の面からサポートしたいと思ったからです。その望み通り、県内各地で行われている野球肘健診や高校野球岩手県大会の救護班として、医療の面から野球に携わることができています。野球に限らず、スポーツをやっていた人間として、自分の競技経験を診療に生かせるのは、整形外科だからこそできることだと思います。
また、整形外科はスポーツ傷害だけではなく、骨折・脱臼・捻挫等の外傷、加齢による関節の変形、脊椎疾患による疼痛など、1つの科で扱う領域としてはかなり広く、学ぶ内容も非常に多いですが、治療により運動機能が改善すると患者様の満足度も非常に高く、とてもやりがいのある仕事だと感じる毎日です。
さらに、私は岩手医科大学に地域枠で入学しましたが、岩手医大整形外科は県内各地に関連病院があり、先輩方の中にも地域枠や岩手県の医学奨学生、自治医大のOBが多くいらっしゃいます。今後の医師としてのロールモデルとなる先輩が多いといった面で、岩手医大整形外科は奨学生の方々にもオススメです。
このページを見ているということはきっと整形外科に興味・関心があるからだと思います(学生時代、私もその一人でした)。整形外科に興味のある方はもちろんですが、少しでも「整形外科って面白いかも」と思う方は大歓迎です。ぜひ岩手医大整形外科へいらっしゃってください。そして、我々と一緒に岩手から整形外科を盛り上げていきましょう!